サービス紹介, テクノロジー, 解説

Macを快適に早くするためにやった初期設定・メンテナンス編

メインユーザーの管理者権限を切ってしまい詰んだので、面倒くさくなりOSから再インストールしました。
その時に個人的にやったことのまとめ。新規購入者、設定の見直し等に使ってください。あくまで快適に使うための基本的なことだけです。初心者向け。スピード重視で

<最初にやること>

  • Google Chrome(SRWare IRON)インストール(時間かかるため。Safariから)
  • 環境設定全般(システム環境設定から全体的な設定をしてまず操作を楽にする)
  • Applestore 購入済み ダウンロード(ない人はランキングから適当に漁るか、Evernoteを入れとけ)
  • ZIPファイルを消す設定(Finder→「Macintosh HD」→「システム」→「ライブラリ」→「CoreServices」→「Applications.app」→ユーティリティ.appの環境設定)展開後:アーカイブを削除で。このあといちいちDLする度にZIPファイルが残るとイライラするので先にやっておく。

<ターミナル入力>

Macのターミナルという初期アプリでは、PCに対して細かい指示のようなことができます。カッコ内の文字列をそのままコピペして打ち、Enterすればおk。< >は必要な人だけ。

  • Dock表示 高速化 (defaults write com.apple.dock autohide-time-modifier -int 0; killall Dock)
  • スクショ保存先 (defaults write com.apple.screencapture location ~/Downloads/Screenshots(※ファイル名は任意)
  • 警告表示切る (defaults write com.apple.LaunchServices LSQuarantine -boolean false killall Finder)
  • DL ALL許可 (sudo spctl –master-disable)
  • Spotlight停止 (sudo mdutil -a -i off)
  • Finder下部パスバー短縮(defaults write com.apple.finder PathBarRootAtHome -bool yes;killall Finder)

<入れるソフト>

有料はないです。

  • AppCleaner
  • Homebrew
  • OnyX
  • Dropbox
  • One Drive 
  • Adobe Acrobat Reader
  • Monolingual
  • Kindle
  • Maxthon browser
  • VPN(Proton etc…)
  • Paralles desktop
  • smc fun control
  • Brackets
  • duet
  • imc insomnia
  • usage

<細かい設定>

  • Mission control 整理
  • 初期Dockを削る
  • 通知センターを減らす
  • ログイン項目を減らす
  • MIDIで音の設定(2ch 16bit 48.0khz)
  • 各種アプリ環境設定
  • クラウドストレージにデータを移すor外付けHDDにバックアップ

定期的にやること(週一、最低でも月一)

  • 無駄なデータ(ファイル、アプリ)を削除
  • ゴミ捨て(Shift+alt+⌘+deleteで一発!)
  • 再起動(大切)
  • クリーンナップ(ライトクリーナーというアプリがおすすめ)
  • アクセス権修復(ディスクユーティリティから)

コツ

  • デスクトップは0にしておく。すっきり!
  • 定期的なアップデート。OS含め。
  • アクティビティモニタで何を使用してるか確認する。見直し。
  • キャッシュはむやみに消さない方がいいです。消したらヤバイやついっちゃったら最悪OSごと削除して再インストールした方がよろし。
  • セーフブートは個人的には微妙。無駄にキャッシュが削除されるため。NVRAMリセットは非常時に。
  • PCは消耗品。定期的に買い換えよう。進化、劣化は早いから2,3年に一度は変える。
拡張機能、アプリ、ショートカット等は、また後日に。それでは

音でMacの機能が飛躍的に上がります!基本アイテムとして用意したい一品です。

サービス紹介, テクノロジー, ブログ運営, 解説

カスタムURLを設定したら『Fetch as Google』を使おう

 

カスタムURL利用してますか?こどちんさん(id:mowan)のカスタムURLの記事を見て、自分も検索が減ったことがあったなぁと。SEOやURLの判別とかで使いますが、古いリンクが切れます。

 

僕のときは、古い方に集まったまま(/entry/日付のページ)で新しい方にアクセスが来ませんでした。せっかく検索から来てくれたのに404 Not foundでは悲しい。

 

 

f:id:kamaboko55:20170823145704p:plain

 【初期の頃に撮っておいたスクショ】

 

 

新しいリンクの方を早くGoogleに認知させるためには『Fetch as google』という機能を使います。手順としてはそこまで難しくはありません。

 

カスタムURLについては甘夏さんの記事を見て設定しました。分かりやすかったので参考にしてください。

 

 

 

Fetch as googleの使い方

 

『Fetch as Google』は、Search Consoleの機能のひとつです。

 

検索エンジンは定期的にクロール(巡回)してサイトの情報を更新してます。しかし発見してもらうのに時間が掛かるため、自分から気付かせるために申請する機能です。

 

ますは開く

 

Search Console」を開き、ログインします。ブロガーならお世話になっている人も多いでしょう。

 

ダッシュボードのクロールの欄の『Fetch as Google』をクリック。

 

 

f:id:kamaboko55:20170823153247p:plain

 

URLのインデックス

 

するとこんな感じのページが出るので、赤枠のところにクロールしたい記事のURL(entry以降)を貼り付け、取得ボタンを押します。レンダリングの必要はなく、対象のデバイスはPCのままでOKです。

 

f:id:kamaboko55:20170823160331p:plain

 

インデックス登録のリクエスト

 

取得で終わりと思われがちですが、インデックスの登録も必要です。下の方に取得したURLのパスが出るので、横の「インデックス登録をリクエスト」をクリック。 

 

f:id:kamaboko55:20170823161908p:plain

 

下の画面が表示されるので人間の証明にチェックを入れ、「この URL のみをクロールする」を選び送信。

 

f:id:kamaboko55:20170908125710p:plain

 

直接リンクはその記事の内部リンクも含めてインデックスするものですが、通常は選択する必要はないです(直接リンク込みは月に10件までしかできない)

 

完了の確認

 

送信し終わると「インデックス登録をリクエスト済み」の表示が出ますので、これで完了です。月に送れる上限は500件までなので、記事数が多い人は気をつけてください。

 

f:id:kamaboko55:20170823173334p:plain

 

さいごに

 

これで数ヶ月以内にはGoogle botが巡回して、新しい情報が認識されます。

 

カスタムURL自体そこまでSEO効果はないので、リンクを変えてまで無理に利用する必要はないでしょう。

 

他にも記事の大幅な手直しや、移行するときは効果があります。始めたばかりのサイト(最初の100記事くらい?)の登録もいいかもしれません。

 

それでは。

 

サービス紹介, テクノロジー, ブログ運営

ブログのデザインに役に立つ細かいカスタマイズまとめ

 

こんにちは。かまぼこです

 

最近、カスタマイズばかりしてて記事が進みません……。

デザインって着せ替えゲームみたいで、反映させながら試行錯誤するのが止まらないっ!

  

情報を探そうと色々なサイト物色してると、よさげなものがたくさんありました。見つけた中で、役に立ったり、面白かった、導入している人が少ないものをいくつかご紹介していきます。

 

細かいデザインを変えると少しでも見栄えがよくなります。こだわるとキリがないけど、来てくれた人も楽しめるはず。

 

主要なカスタマイズはシロマティさんが網羅しているので参考にしてください ↓ ↓ ↓ 

 

 

では、いってみよう! 

 

 

はてなスターのデザイン

 


デフォルトのはてなスターは小さいから、デザインを変えることによって大きくなる。

 

f:id:kamaboko55:20170701074529p:plain

 

 

表示を変えることで見にきてくれた人も、楽しんで押してもらえるようなデザインになります。

 

 

 

パンくずリストのデザイン

 


公式のパンくずリストだとちょっと味気ない……。

 

f:id:kamaboko55:20170701080510p:plain

 

変えることでスタイリッシュに。

 

f:id:kamaboko55:20170701080519p:plain

 

 

 

404 Not Found 画面カスタマイズ

 

 

 

わざわざ来てもらったのに、消えてエラーになっていると印象が悪い。

 

コメントとブログのおすすめ記事を入れることで他の記事も見てもらえます。

 

 

あとで読むボタンの追加

 


記事上にあとで読むボタンを設置すれば、はてブ数が増える?

 

この記事もおすすめ。

 

はてなブログのSNS共有ボタンをオリジナル画像に変更する方法 – 色々虎威 ゆるり

 

  

 

トップページからはてなスターを削除する

 


トップページの記事についているはてなスターを消せます。読んでもいない記事に押されてもなぁって人や、トップページの表示速度を変えたい人は一瞥の価値あり。

 

 

パンくずリストを記事下に移す

 


公式のパンくずリストはタイトル下に出ますが、それを消して記事下に移したり、記事上のカテゴリの部分に置くことができます。便利です。

 

リンクの色を変える

 

 

デフォルトの色もいいけど、目立つ色にすることで、リンクが分かりやすくなる。有名サイトの比較を書れてるのもありがたい。

 

 

 

プロフアイコンの大きさと形を変える 

 

 

デフォルトのアイコンは小さくて見えにくい。大きくしたり 、丸くすることでポップな印象に。ソースコードからいじるので自由度が高くなります。

 

 

トップページの記事を一覧形式にする

 

Pro限定で実装されたばかりだけど、意外とトップページを一覧形式にしてない人がいる。

 

最新記事を見せたいとかでなければ、見栄えが大きく変わるのでおすすめできる。続きを読むをいちいち記入しなくて済むメリットもあります。

 

設定→詳細設定→トップページの表示形式→一覧形式 という手順

 

さらにスッキリさせるならカード型もおすすめです。

 

はてなブログのトップページ一覧形式表示を使ってカード型レイアウトに – Minimal Green

 

 

コメントボタンのデザインを変える

 

 

 

デフォルトは目立ちにくく、気づかれないことも多い。大きくしたほうが、コメントしてもらいやすくなる。

 

f:id:kamaboko55:20170701081341p:plain

 

併せて、コメント欄にブログ主の名前を入れる方法

 

はてなブログのコメント欄で自分の名前に「ブログ主」と付けて目立たせるカスタマイズ – FOXISM

 

 

ふい字にカスタマイズ

 

 

当ブログのタイトルも、ほんわかしたふい字のフォントになってます

 

f:id:kamaboko55:20170701081505p:plain

 

かわいい◝(⁰▿⁰)◜ 

 

 

Proの表示を消す 

 

 

はてなのPro契約をしていると、idの横に下のようなPro表示が出てしまいます。 

 

f:id:kamaboko55:20171225125336p:plain

 

いかにもプロです!と誇張してるようにも見えかねません。

一行で簡単に消すことができます。

 

他にも“Pro”の部分を他の文字に変えることもできますのでご参照ください。

 

はてなブログの[PRO]の表示に対抗してCSSで[AMATEUR]と表示させる方法 – それでもわたしはおうちにいたい

 

 

翻訳リストの設置

 

 


100ヵ国語に翻訳できる。グローバルなサイトを目指したい方はどうぞ

 

海外の人に見られることが多いサイトなら、導入する価値もある?

 

 

 

スマホ版の余計な表示を削る 

 

<style type=”text/css”>
/* はてなのグローバルメニューを消す */
#globalheader-container {
display: none;
}
#container{
padding-top: 0px;

}

/*ブログタイトルの概要を消す  */
#blog-description {
display: none;
}

/*フッター(下)の部分を消す*/
.footer {
display: none;
}
</style>

 

邪魔な要素を削除!

 

デフォルトだと無駄が多いのでカットしましょう。

 

 

f:id:kamaboko55:20170701095346p:plain

 

 

Amazonほしい物リストのボタンを作る

 


目立つ。買ってもらえるかも

 

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

かまぼこのほしいもの

 

 

はてな公式の関連記事の並びを変える

 

 

公式の関連記事だと、“記事下”の上にきてしまう。順番を入れ替えることでソーシャルボタンなどの妨げにならない。外部プラグインだと速度が落ちたり、関連性が弱かったりするので公式はおすすめできる。

 

サイドバーに関連記事を入れ、非表示にしてから記事下に持ってくる方法もあります。

はてなブログで記事下に関連記事を出すカンタンな方法 – ボクココ

 

 

文字の色・フォント

 

細かい部分になるが、微妙な違いがでる。

 

.entry-content {
color: #333333;
font-size:16px;
}

body{
font-family:”メイリオ,Osaka,Arial,Verdana
,”MS Pゴシック”,sans-serif;
}

 

当ブログは上記のデザイン。真似してもらってOKです。デザインcssに突っ込めば反映されます。

 

文字の色は濃いめの灰色で、大きさはデフォよりやや大きめ。基本的な形なのでサイトの特色に合わせて変えていただければ。

 

気になったフォントは開発者ツールで調べれば、何を使っているのか分かるので試してみると良。シンプルなサイトはAvenir Nextとか似合うと思います。

 

 

その他役に立ったリンク一覧

 

はてなブログカスタマイズ 人気テーマBrooklynの吹き出しを削除 – 沖縄移住web人アフィリエイト雑記

 

テーマのデフォルトの見出しを消すときに分からなかったので、ここに書いてあってよかったです。どのテーマでも応用できるでしょう。 

 

はてなブログの幅をCSSでカスタマイズするコツ – tarのブログるっ by @tarVolcano

 

記事の幅を変えるときに、図で書いてくれてたので分かりやすかった。

 

【MinimalGreen】記事とサイドバーの間に背景 – Hatenaカスタマイズ実験室

 

記事とサイドバーの間に背景を入れる方法。親切にコメントから記事まで書き起こしてくださいました。

 

 

さいごに

 

 

カスタマイズの情報は、検索しても載ってないことが多いです。固定ページは実装されたばかりで、まだまだ情報が少ない。ある意味穴場かも。

 

以上の中で、気になるものがあれば試してみてください。書いてくださった方々はありがとうございました。感謝しつくせないです。

 

 

それと、注意点を挙げておくと

 

  • カスタマイズのしすぎは厳禁!重くなる原因です。速度を確認しながらやること。速度測定サイト→ PageSpeed Insights
  • cssは順番によって反映されないことがあるので、そういう時は入れ替えてみる。importantを挿入する手もあるが、多用するとごちゃごちゃします。
  • あとで見たときに何のコードか分かるように/*間に文*/を入れて記述しておく。
  • レスポンシブでない限り、PC版とスマホ版はデザインが別なので、それぞれに設定すること。ユーザーの多い方が大事。スマホ版は前後にタグを忘れないように ↓
<style type=”text/css”>
間に入れる
</style>

 

コードは適宜保存しておきましょう。

 

 

面白いものがあればまた随時更新していきます。

 

それでは

 

サービス紹介, テクノロジー, マネー

LINE Payがクレジットカードよりも最強である理由

 
会計をするとき、決済するとき、どんなカードを使ってますか?多くの種類があり選ぶのは大変です。
  
そんな中、現時点で誰にでもおすすめできるカードがあります。
 
そう、『LINE Pay
 
理由を説明していきます。

LINE Payとは? 

 
LINEが提供しているサービス。一言でいえばクレジットのように使えるプリペイドカードです。形としてはデビットカードに近いですね。
 
JCBブランドでクレジットと同じように使えて、クレジットカードのように後払いではなく、チャージ式のカードです(後述しますが、チャージは割と簡単)
 
普通のカードみたいに使いすぎることがないので、金銭管理に疎い人にも向いてます。
 
以前はアプリの画面から決済する方法しかありませんでしたが、カードタイプになってから便利になりました。
 
 

ここがすごい!LINE Payのメリット

 
第一に2.0%の高還元率!100円で2ポイント溜まります。通常のクレジットカードで1.0%、高い還元率のREXカードなどでも1.5%なのでクレジットカードでは考えられないですね。そう考えると破格のカードと言える。
 
クレジットのように信用で作るものではないので審査落ちなどもなく、若い人でも誰でも作れて年会費も無料。コンビニにも置いてあり1000円からチャージして使えて、ネット申し込みの場合でも1週間程度で届きます。 
 
 
たまったポイントは残高Amazonギフト券、nanacoポイント、Pontaポイント、メトロポイント、JALマイルなどに交換できるのです。残高以外だと一部手数料がかかるそうですが、残高交換なら一定以上であれば100%の交換率!
 
LINEのサービスなどにもポイントは使えます(スタンプとか)。裏技としてメトロポイントからソラチカカードを使ったソラチカルートという方法もあります。普通のクレジットだと、支払いにポイントを回すとかはできないので残高にポイントが回せるから無駄がない。
 
 

LINE Payの使い方 

  
普通に店頭のレジでクレジットカードのように使えるのはもちろん、ネット通販の決済でも使えます。
 
チャージの仕方としては、コンビニの店頭や銀行口座からチャージする方法や、銀行口座との連携でオートチャージもできるので残高を気にする必要はないです。
 
そして、オリジナルの無料機能として、LINE Payを使っている人同士での割り勘、送金機能があります。飲み会などでのわずらわしい割り勘もこの機能を使えば一発で解決!「LinePayで送っといてー」みたいな感じで送金依頼して、後からお金を友達に払ってもらう方法もできます。
 
銀行だと手数料がかかるから無料でやりとりできるのは画期的。ちょっとした金のやりとりにも使えるから便利便利。
 

あえてデメリットを挙げるなら

 

  • プリペイドカードなのでクレジットのように支払いを1ヶ月遅らせることができない。デメリットではあるが、使いすぎることのない利点でもある。
  • ほーんのたまーに決済に対応していないとこがある(差し込み式のタイプとか)。通販も大手なら問題ないですが時々使えないこともあるそうです。今までに使えなかったことはないけど。
  • JCBブランドしか選べない(VISAにこだわりたい人には向いてない)。ApplepayはJCBしか使えないので相性はいい。
  • クレヒスが作れないこと(サブカードでクレヒスを作れば問題はない)
  • 盗難補償が10万円まで。これはそもそもデカい買い物をするときだけ多い金額を入れておけばいいだけの話。プリペイドなので大量の金額を悪用されることもない。
  • 付帯のサービスとは特になし。クレジットカードではないので分割払いはできない。窓口は電話がなくWebでのやりとり
  • 特に気にはならないが、ポイントの貯まる期間に若干ラグがあり。
  • 決済時のLINEの通知が止められなくてうざい。金額の把握は家計簿のようにわかるけど。
  • ファミマTカードの3.0%の裏技が使えなくなったのは残念!
 
こうして挙げるとデメリットの数は多いような気がするが、上回る享受がある。
 
 

しばらく使って見ての感想 

 
以前は楽天カードを使ってたけど、今は断然LINE Payの方が使いやすいです。クレジットと違って入金額の上限もないに等しいから、現金と同じように使えます。
 
デザインはブラックを選びました。動物のはちょっとポップすぎるような気がして。
 
それと使って気づいたけど、クレジットカード登録という機能はネット決済時の情報経路を簡単にするもので特に登録してもしなくても変わんないみたい。
 
子供への小遣いとして一定額入れるとかそういう使い方できそうだね。
 
皆さんもぜひLINE Pay使ってみませんか?