〜が好きだ, ファッション

購入するのに迷わない!カジュアルシャツを選ぶ時の5つのポイント

 

普段着に1枚あれば様になるYシャツ。買ったあとに合わないなー、などどういう風に選ぶべきか分からないことが多々あると思うので、迷わない簡単なポイントを紹介していきます。

 

※ここで解説するのはビジネスシャツというよりカジュアルシャツ寄りの話です。

 

 

基本編:シルエット

 

肩甲骨周りのサイズ

 

 

f:id:kamaboko55:20170614113538j:plain

 

 

肩甲骨周りの長さ。両脇を結んだ身幅という線で、服を選ぶ上で一番重要であり見落としがちなポイント。

 

他は多少ずれても支障は出ないけど、ここを間違えると快適度がグンと下がります。まっすぐ立った状態だと気づきにくいですが、デスクワークなどするときにゆとりがないと突っ張ります。

 

試着をして、肩を回してみたり、背中を丸めたり、腕を前に伸ばして肘を曲げたりしながら、余裕があるか確認しよう。特に筋トレをして肩周りがガッチリしている人は、合わないことがある。女性の方であれば、胸囲含めて測りましょう。

 

 

ジャストサイズ

 

 

 f:id:kamaboko55:20170613215409g:plain

  参照:実寸の測り方

 

ジャストサイズは基本の基本。デカいサイズだとダボってしまい、着ているより着せられてる感が出ます。

 

選ぶのは面倒だし大きいでいいだろというのは、一気にダサくなります。ワンサイズ下を試してキツければ一つ上にあげるだけ。

 

S、M、L、などの表記はブランドによって違い、当てになりません。GAPやアメリカンイーグルなどのアメカジは、海外基準でデカいです。毎回同じサイズを選んでいると、合わないこともありますご注意を。

 

最近は細身が主流で(追記:流行は変わるものなのでダボっとしたのも人気です)、ウエストもしまっていて、肩幅もきっちりと合うものを選ぶといいです。袖丈も萌え袖みたいにならないように手首に合わせましょう。着丈に関してはビックシルエットもありなのでコーデ次第。長すぎないのが無難だと思います。

 

 

 

応用編:細かいポイント

 

服によってはないのもあるので、ここからはこだわりで選んでください。

 

襟のボタンダウン

 

 

f:id:kamaboko55:20170613234040j:plain

 

 

ボタンダウンシャツ。ヒラヒラしなくなって、襟がキッチリするので便利です。ラフであるスポーツを起源としているので、ビジネス寄りのドレスシャツにはついてないことが多い。

 

ボタンが見えるから嫌って人もいて賛否両論。しかし最近は襟の裏に輪っかがついていてボタンを隠せるタイプもあるから探してみるといいでしょう。

 

 

胸ポケット

 

 

f:id:kamaboko55:20170614005756j:plain

 

 

胸ポケット。高級なシャツほどデザインを綺麗に見せるためにつけてないことが多い。だけどズボンのポケットが使えないときに、一時的に入れるのには便利なんだ。個人的に煙草を胸ポケットに入れるのが好き。

 

 

長袖か半袖か

 

 

f:id:kamaboko55:20170614115407p:plainf:id:kamaboko55:20170614115420p:plain

 

 

長袖は袖まくりするとオールシーズン使えるのがメリット。服の数を増やしたくない人は長袖をおすすめします。夏用に半袖を持っておきたい人はそれでもいいですが。

 

半袖は夏になるにつれて売り出すけど、基本夏にしか使えません。インナーとして着れなくもないですが、寒くなれば着づらいし袖がアウターに触れるとごわごわする。

 

 

袖のボタン

 

 

f:id:kamaboko55:20170614011859j:plain

 

 

長袖のカフスを止めるときに使うボタン。2つ付いているのがおすすめです。袖口を絞るだけでスマートに見えるし、一つ広げればゆとりが出ます。こういう細かいとこで差が出る。

 

 

まとめ

 

他にも、縫製、布地、細かいデザインなど、こだわりだしたらキリがないので控えます。安いシャツでも、ここで紹介したことを守れば綺麗に着れるので。自分で手直しするのも楽しいです。

 

Yシャツをあまり持っていない人は、白シャツから、徐々に他の色を揃えるといいと思います。

 

とかく服を買うときの大まかなポイントは2つ。

 

店頭で買うときは試着する!

 

ジャストサイズ!

 

これさえ守ればなんとかなる。あとはサイズを測って通販で買うとか、ルーズファッションに挑戦するとか自由にやっていけばいいでしょう。

 

 

おわり☆

 

最速でおしゃれに見せる方法

最速でおしゃれに見せる方法

 

↑ 体系的にファッションの知識を学ぶのに、手っ取り早い本。

 

〜が好きだ

最低1日1本炭酸水を飲む私が本当に美味しい炭酸水をランキングする

 

シュワシュワ ♫ はじけっるっ炭酸水!
 
 
味のない水なんてうまくないぃぃ?バッカモーン!!!それは今から紹介するのを飲んでから言いなさい!!!
 
 
炭酸水は無限の可能性を秘めてる。それを知らずに生きるなんて損しているぞ。
 
 
今に君は炭酸水なしでは生きられない体になる。
 
 
最低1日一本は炭酸水を飲む私が本当に美味しい炭酸水をランキングしよう!
 
 
 

順位発表

 

1.サンペレグリノ(イタリア) 

 

 

[2CS] Sanpellegrino(サンペレグリノ) (500ml×24本)×2箱 [正規輸入商品]

 

 

 

きめ細かな泡がエレガントさを醸し出す。食事との相性も良くお口直しに向いてるので、高級なお店にはよく置いてある。炭酸が抜けてもミネラルウォーターのように飲めるほど、水が美味い。あえて安直な言葉で語るなら「神!」。初心者にも自信をもっておすすめできます。私の自宅にも箱買いしてます。ついつい何本でも飲んでしまう魅力が備わっている。買う場所・時期によって当たり外れがあるのが玉にキズ。

 

2.ペリエ(フランス) 

 

 

Perrier(ペリエ) プレーン PET 500ml×24本 [並行輸入品]

Perrier(ペリエ) プレーン PET 500ml×24本 [並行輸入品]

 

 

 
ザ・炭酸水。レストランやバーに置いてあることが多く何にでも合う万能選手。サンペレがクイーンだとすれば、ペリエはキングだろう。ライム味があるのがペリエ選手の長所だ。アルコールを割って飲むのにも適している。冷やすと一番美味しいのはこいつなはず。皆に愛される人気者だ。
 
 

3.ゲロルシュタイナー(ドイツ) 

 

 

ポッカサッポロ GEROLSTEINER(ゲロルシュタイナー) 500ml×24本 [正規輸入品]

ポッカサッポロ GEROLSTEINER(ゲロルシュタイナー) 500ml×24本 [正規輸入品]

 

  

 
硬水でコリコリとした喉越しがある。ドイツ感満載の異国情緒あふれる味わい。炭酸も強過ぎず、飲み飽きさせないような癖がある。硬水のデトックス効果で、健康になった気分になれる意識高い系炭酸水だ。運動に一番合うのはこれだと思う。博士が嘔吐したみたいな名前だな思ったやつは小学生レベルの思考だから廊下に立ってなさい!
 
 

4.ウィルキンソン(日本) 

 

 

アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン 500ml×24本

アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン 500ml×24本

 

 

 
とにかく炭酸が強い豪快な飲み物。粗めの粒と炭酸を引き立てるような苦味が特徴。ビールでいうアサヒスーパードライみたいな感じ。日本の中では一番人気があると思う。炭酸水を置いてる店なら大体どこでも売ってます。1日動いて疲れた後に一気飲みするとハンパない快感で絶頂してしまう。味の種類が多数あるのも魅力的。人工系の炭酸水なので、炭酸が抜けるとゲロまずいのでそこがデメリット。酒を割るのに適していると思いきや、炭酸が強過ぎて邪魔しちゃうのはお茶目っ気が過ぎるでしょ。
 
 

5.南アルプスの天然水 スパークリング(日本) 

 

 

〔炭酸水〕 サントリー 南アルプスの天然水 スパークリング 500ml×24本

 

 

 
軟水の炭酸水。透明感溢れるキラキラ感。やや細かめの粒で、喉を通る炭酸というより口で味わうような代物。ウィルキンソンの次くらいに置いてあることが多い。今日はウィルの気分じゃないよねって時にはこれを選ぶ。レモン味もいい感じに酸味が効いててデリシャス。とりあえずソーダ割りしたい時には使いやすく、手に入りやすい安心のアイテム。 
 
 

惜しくもランキングから外れたラインナップ

 
 
サンベネデット サンペレに近い味わい。ミネラルウォーターのタイプもあるので水自体がうまい。しかし置いている店が少ないのでランキングから外させてもらう。
 
セブンプレミアム これは味でいうなら天然アルプスより美味いと思う。トクホのタイプがあるし、強炭酸版も出たのでポイントは高い。たまに同じ見た目のサイダー味を間違えて買ってしまうのでいたずらっ子なやつだ。セブンにしかないので落選。
 
Elderflower Sparkling water あまり見かけない。優美な炭酸と香料の雰囲気も相まってお花畑へ旅立てます。
 
 

総括

 
 
やはり炭酸には硬水のほうが合う。そうなると海外勢が優勢になるのは致し方ない。しかし国産も軟水特有のすっきりした味わいで負けてないとは思う。
 
炭酸が抜けても美味しく飲めるのが、本当に良い炭酸水だと思っている。だからこういうランキングをつけさせてもらった。異論は認めよう。Amazonで買えば関係ないけど、店舗での手に入りやすさも考慮している。
 
ソーダストリームを使う方法もあるが、コストもさほど変わらないし、容器を用意する手間があるのでおすすめはしません。
 
普通の人なら良いところばかり紹介するのがセオリーだが、デメリット含め紹介することが炭酸愛だと思っている。飲むことで本当の美味しさが分かって頂けたら嬉しい。
 
 
無糖の炭酸水は清涼飲料水と違って健康被害もない。お通じや美容にもよく、消化を助けてくれる最高の飲み物だ!
 
 
飲みかけの炭酸水を保存するときはこれが便利
  

貝印 KaiHouse SELECT 炭酸ペットボトル用キャップ DH-7289

 

 

 

〜が好きだ, 考え事

嗜好品としての煙草という考え方

 

今年に入ってからも煙草の値段はどんどん上がっている。ここ10年で1.5倍ほど。

値段の6割ほどを税金が占めているから、除いた元の値段は思ったより低いけどね。

 

  

f:id:kamaboko55:20170518125623p:plainJTのホームページより抜粋>

 

まるで税金を吸っているよう。

そんなタバコというものを少し考えていこう。

 

 

現在における煙草の立ち位置 

 

オーストラリアなどの欧州の方では1箱3000円近くになっている。物価が高いにしても飛び抜けた値段だ。あまりの高さに手巻き煙草などを吸っている人も多い。

 

日本だって消費税が上がればさらに値段は上がる。たばこは危険だと国はいいつつも、なくなれば困る人はいるしたばこ税を得るために止めはしない。

 

いまや煙草の地位はだだ下がりで喫煙者も肩身が狭いだろう。むかしは映画やドラマで俳優が場の雰囲気を演出するのによく使われたりして、多く市民権を得ていた。

 

しかし今ではタバコ=かっこわるい、低所得者がよく吸っている、というような悪評がつきまとっている。吸える場所も少なくなってきて、探すのが億劫になるものだ。

 

 

煙草の何がいけないのか?

 

 

そもそも煙草の何がわるいのかを羅列していくと

 

  • 健康被害(吸う本人と周りへの副流煙)いわゆる煙害ってやつ
  • 指定された場所で吸わない、ポイ捨てするなどの喫煙者のマナーの悪さ
  • 医療費増大(これ関してはたばこ税というものがあるが)
  • 未成年喫煙

 

等々というはなし。

 

残念なことに喫煙者の中にはそういう人が多いからそういうイメージを持たれてしまうことはしょうがない。

 

道にポイ捨てするのは当たり前な感じになっているし、周りにいる人への配慮が足りないのは明らかだろう。

 

煙草を吸っている本人への健康被害は自己責任だから関係ないけど、周りに迷惑をかけるというのはよろしくない。

 

喫煙者がまず配慮すべきは他人に迷惑をかけないということではないか?
 
 

煙草のススメ

 

ここまで語っといて何だが、厳密には僕は喫煙者ではない

 

煙草を吸うのは2,3ヶ月に1回数本といったところである。お酒を毎日飲むとは限らないのと同じようなものだ。たまに気分で楽しむ程度でしかなく、自制が効かなくなると分かっているので止めている。
 
タバコに依存する人が悪いとは言わないが、個人的には依存して吸わざるを得ないというのは嫌だ。
 
依存しないためにも1箱買ってもぜんぶ吸わずに捨てるか誰かにあげるようにしている。数本単位で売ってくれてたら嬉しいんだけどね。
 
タバコ本来の目的がどうであれ、楽しむという行為もあっていいのではないかと思う。
 
今回は“嗜好品”として、煙草を紹介していきたい。
 
 

煙草の味わい方

 

 

ただ吸うだけじゃなくて、タバコは味わって楽しむことができる。

 

煙草の美味しさが分からないと言う人はいるが、だいたいは吸いかたが悪い。最初は煙草の火をつけることすら難しいが(タバコは吸いながら着火する)何本か試しているうちになんとなく吸い方が分かってくる。
 
ふかしだと吸ってるうちに入らないという輩がいるが、味わうならむしろふかしのほうがいい。
 
タバコは酒と同じように様々な種類があって、喫煙者でもそれぞれのこだわりがある。銘柄によって味は全然違うのでいろいろ試してみてほしい。
 
美味しい煙草は本当に美味しいし、刻みタバコや葉巻を初めて吸った時は驚いた。自分の使うライターにこだわってみるのも楽しいはずだ。
 
 

煙草を吸うのに好きな場所・タイミング

 
 
勝手にランキングをつけると
 
  1. 雨の日のタバコ
  2. 大自然で吸うタバコ
  3. 酒の席で友人と吸う煙草
  4. 喫茶店などの店内で吸う煙草

 

というかんじ。

 

気分が浮かないときとか、物憂げなときに煙草を吸ったりする。たばこの効用がどうこうというより吸う行為そのものに楽しみがある。

 

雨の日で外出するのも億劫なときにベランダでぼーっとしながら吸って、雨に煙が溶け込んでいく様をただ眺める。

 

自分一人で吸うだけじゃなく、友人との飲みの席での相性だっていい。酒を飲みながらのタバコは格別だ。

 

なんだかんだ煙草は人との交流を繋げるツールであったりもする。

 

  

タバコへの考え方

 

実際、他のものに比べて依存性は強いし、中毒化しやすく悪いイメージがあるけど、頻繁に吸わないようにすれば楽しめるはず。

 

煙草のイメージがただニコチンを摂取するだけの道具みたいになっているのは悲しい。酒やコーヒーを楽しむように煙草だって優雅な気持ちで吸わせてくれればいいじゃないか。

 
そもそもなんだが、タバコが悪いというよりマナーを守らない喫煙者が悪い。酒飲みの方がよっぽど迷惑をかけていることが多いのではないか?
 
勘違いされたら困るから書いとくけど、積極的に喫煙しろと推奨しているわけではない。ただ、嗜好品として吸うという楽しみもあるよということを伝えたい。
 
煙草は依存性の強いものだし健康に影響があるのは事実だから、安易に奨めることはできない。ただ他人に迷惑をかけずに、健康に被害が出ない程度に吸うのもいいのではないかと思う。自分がタバコを止められる自信がないなら吸わなくていい。
 
タバコを吸っても結局死ぬやつは死ぬし、70過ぎてもタバコを吸ってて死なないやつは大丈夫と言うデータもある。よくいう話だが人の死亡率は100%だ。むしろストレスを過剰にためるというのが健康にとっていちばん良くないだろ。楽しむために吸ったっていいはずだ。