読書備忘録

『自作の小屋で暮らそう』Bライフが再版されたので読んでみました。

  

テントだろうが何だろうが、そこに10年でも100年でも寝転がっていられると思うと嬉しかった。                

〜『自作の小屋で暮らそう:Bライフの愉しみ』P.36より〜

  

自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)

自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)

 

以前は「Bライフ研究所」というサイト、現在は「寝太郎ブログ」というサイトを運営している寝太郎さん(@mnetaro)が書いた本。

 

私も以前から好きでブログを拝見させてもらっている。

 

2011年発行の『Bライフ 10万円で家を建てて生活する』が絶版になってしまって手に入れるのが難しくなったが、今年に入って新たに加筆修正された文庫本が発売された。

 

 

著者は東大卒 慶応院卒という経歴を経ており、紆余曲折あって山小屋暮らしを始めた。 小屋も自前で作り、設備や生活に必要なものも自分で作ったりして、年に数回だけ働きに出て月2万ほどの最低限の暮らしを行うそう。

まるで浮世離れした仙人のような生活であり、華麗な経歴からどうしてこういう生活を始めたかという背景はあまり語られてなかったが、著者の他著を見るか、ブログを遡っていけば分かるだろう。

 

 

Bライフって何?

 

 著者も語感で付けたようで完全な定義はないそうだが、BasicのB=必要最低限の生活という意味が一番近い。

 

生きるための最低限なので多くを必要としないというということだか、別に何かを付け加えてたっていいし、サバイバル生活を送るべきだと提唱しているわけではない。 

 

いわゆるノウハウ本に近いようなもので、著者のBライフの中で感じたことを交えてその一連の手法を書いている。

 

 

多くを必要としない暮らし

 

依然ミニマムリズムは流行っているが、そういうのとは違ったものだと思われる。ミニマリストはどちらかというと洗練していくイメージであるが、Bライフはずぶの素人が試行錯誤していきながら生活をしていく。

 

自然の中で暮らすというのは、中々手の届きにくいものも出てくるし、一から生活環境を構築していく行為はそう容易いものではない。

 

著書の中でも土地選びから始まり、小屋を建てて、そこで暮らすためのライフラインを整えていく長い行程が語られている。

 

でもその過程には一種の喜びというものも感じられるように思えた。自然の中で気ままに暮らすというのは中々味わえないものだろう。

 

誰に左右されることもなく好きな時間に寝て起きて、ぼーっと考えごとをしたり、本を読んだり書いたりなど自由である。

 

気が向いたら自然の中を散歩をしたっていい、こういう生活だからこそ実現できるものがあるだろう。

 

普通のサラリーマンのように働いてその多くのお金を費やし暮らす。そういう生活が向いてない人だっているのだ。

 

Bライフの良さだけではなくて、現実論を含めBライフを実現するための方法を記しているのは好感を持てた。
 
とかく法律面などは自分がいいと思っていても、行政が許さないことは多々あり、うまくいかないものであるから、避けられない話題である。

 

 

僕らが暮らしていく中で

  

常識というのは時に人の可能性を狭める。“生きる”という行為に多くのものが必要であると我々は思い込んでいるのではないだろうか。

 

別に著作はBライフを強いるよう呼びかけているわけではない。ただミニマムな暮らしができると知っておくだけで視野が広がっていくはずだ。

 

現実論で見ていくと、独身でないと難しいものだろうし、年金も払ってないわけだから老後にもらえる額も少ない。

 

歳を重ね重い病気に罹った時にどうするのかなど、こういうミニマムな暮らしには必ずしも言える課題がある。

 

 

著書の中でも中古の物件を買うという選択もあると述べていたが、実際探す手間や利便性などで言ったらその方が楽かもしれない。郊外などの中古物件であれば一軒家でも数百万で買うことができるからそういう手だってあるのだ。
 
しかし、こういう暮らしでなければ得られないものだってある。生活に対する愛着だって湧き出てくるだろう。

  

 

無理に小屋に住もうとしなくてもいいので小さい別荘のように一つ持つという手もある。自分がいつでも帰れる場所があるだけで人は安心できる。その拠点を一つでも持てるだけで心強い。

 

こういう生き方だって選択できるというのを知れる、良い一冊だった。

 

 

 

 

〜が好きだ, 考え事

嗜好品としての煙草という考え方

 

今年に入ってからも煙草の値段はどんどん上がっている。ここ10年で1.5倍ほど。

値段の6割ほどを税金が占めているから、除いた元の値段は思ったより低いけどね。

 

  

f:id:kamaboko55:20170518125623p:plainJTのホームページより抜粋>

 

まるで税金を吸っているよう。

そんなタバコというものを少し考えていこう。

 

 

現在における煙草の立ち位置 

 

オーストラリアなどの欧州の方では1箱3000円近くになっている。物価が高いにしても飛び抜けた値段だ。あまりの高さに手巻き煙草などを吸っている人も多い。

 

日本だって消費税が上がればさらに値段は上がる。たばこは危険だと国はいいつつも、なくなれば困る人はいるしたばこ税を得るために止めはしない。

 

いまや煙草の地位はだだ下がりで喫煙者も肩身が狭いだろう。むかしは映画やドラマで俳優が場の雰囲気を演出するのによく使われたりして、多く市民権を得ていた。

 

しかし今ではタバコ=かっこわるい、低所得者がよく吸っている、というような悪評がつきまとっている。吸える場所も少なくなってきて、探すのが億劫になるものだ。

 

 

煙草の何がいけないのか?

 

 

そもそも煙草の何がわるいのかを羅列していくと

 

  • 健康被害(吸う本人と周りへの副流煙)いわゆる煙害ってやつ
  • 指定された場所で吸わない、ポイ捨てするなどの喫煙者のマナーの悪さ
  • 医療費増大(これ関してはたばこ税というものがあるが)
  • 未成年喫煙

 

等々というはなし。

 

残念なことに喫煙者の中にはそういう人が多いからそういうイメージを持たれてしまうことはしょうがない。

 

道にポイ捨てするのは当たり前な感じになっているし、周りにいる人への配慮が足りないのは明らかだろう。

 

煙草を吸っている本人への健康被害は自己責任だから関係ないけど、周りに迷惑をかけるというのはよろしくない。

 

喫煙者がまず配慮すべきは他人に迷惑をかけないということではないか?
 
 

煙草のススメ

 

ここまで語っといて何だが、厳密には僕は喫煙者ではない

 

煙草を吸うのは2,3ヶ月に1回数本といったところである。お酒を毎日飲むとは限らないのと同じようなものだ。たまに気分で楽しむ程度でしかなく、自制が効かなくなると分かっているので止めている。
 
タバコに依存する人が悪いとは言わないが、個人的には依存して吸わざるを得ないというのは嫌だ。
 
依存しないためにも1箱買ってもぜんぶ吸わずに捨てるか誰かにあげるようにしている。数本単位で売ってくれてたら嬉しいんだけどね。
 
タバコ本来の目的がどうであれ、楽しむという行為もあっていいのではないかと思う。
 
今回は“嗜好品”として、煙草を紹介していきたい。
 
 

煙草の味わい方

 

 

ただ吸うだけじゃなくて、タバコは味わって楽しむことができる。

 

煙草の美味しさが分からないと言う人はいるが、だいたいは吸いかたが悪い。最初は煙草の火をつけることすら難しいが(タバコは吸いながら着火する)何本か試しているうちになんとなく吸い方が分かってくる。
 
ふかしだと吸ってるうちに入らないという輩がいるが、味わうならむしろふかしのほうがいい。
 
タバコは酒と同じように様々な種類があって、喫煙者でもそれぞれのこだわりがある。銘柄によって味は全然違うのでいろいろ試してみてほしい。
 
美味しい煙草は本当に美味しいし、刻みタバコや葉巻を初めて吸った時は驚いた。自分の使うライターにこだわってみるのも楽しいはずだ。
 
 

煙草を吸うのに好きな場所・タイミング

 
 
勝手にランキングをつけると
 
  1. 雨の日のタバコ
  2. 大自然で吸うタバコ
  3. 酒の席で友人と吸う煙草
  4. 喫茶店などの店内で吸う煙草

 

というかんじ。

 

気分が浮かないときとか、物憂げなときに煙草を吸ったりする。たばこの効用がどうこうというより吸う行為そのものに楽しみがある。

 

雨の日で外出するのも億劫なときにベランダでぼーっとしながら吸って、雨に煙が溶け込んでいく様をただ眺める。

 

自分一人で吸うだけじゃなく、友人との飲みの席での相性だっていい。酒を飲みながらのタバコは格別だ。

 

なんだかんだ煙草は人との交流を繋げるツールであったりもする。

 

  

タバコへの考え方

 

実際、他のものに比べて依存性は強いし、中毒化しやすく悪いイメージがあるけど、頻繁に吸わないようにすれば楽しめるはず。

 

煙草のイメージがただニコチンを摂取するだけの道具みたいになっているのは悲しい。酒やコーヒーを楽しむように煙草だって優雅な気持ちで吸わせてくれればいいじゃないか。

 
そもそもなんだが、タバコが悪いというよりマナーを守らない喫煙者が悪い。酒飲みの方がよっぽど迷惑をかけていることが多いのではないか?
 
勘違いされたら困るから書いとくけど、積極的に喫煙しろと推奨しているわけではない。ただ、嗜好品として吸うという楽しみもあるよということを伝えたい。
 
煙草は依存性の強いものだし健康に影響があるのは事実だから、安易に奨めることはできない。ただ他人に迷惑をかけずに、健康に被害が出ない程度に吸うのもいいのではないかと思う。自分がタバコを止められる自信がないなら吸わなくていい。
 
タバコを吸っても結局死ぬやつは死ぬし、70過ぎてもタバコを吸ってて死なないやつは大丈夫と言うデータもある。よくいう話だが人の死亡率は100%だ。むしろストレスを過剰にためるというのが健康にとっていちばん良くないだろ。楽しむために吸ったっていいはずだ。

 

 
おでかけ

200円で泊まれる!京都大学吉田寮というカオスな空間

 

以前、京都を旅行した時に京都大学吉田寮に泊まった。

 

f:id:kamaboko55:20170513034016j:plain

 

吉田寮は大正2年にできた築100年以上の日本最古といわれる自治学生寮である。

 

 

京大の中でも中々の特殊なとこらしく、構内で学生に場所を聞いた時「あんなとこに泊まるなんて物好きだねぇ」と言われてしまれ思わず苦笑。

 

レトロな造りで異様な雰囲気を放っていて、ゴミが散乱していて汚く、あまりのボロさにびっくりした。でもそれがまたいい味を出していて、昭和にタイムスリップしたみたいな感覚になる。

 

木造2階建ての120部屋ほどの相部屋で鍵もないとこが多い。ゲーム部屋、麻雀部屋、炊事場、畑などがある。150人ほど住んでいるらしい。鴨川ホルモーや四畳半神話大系のモデルにもなっているそうだ。
 

入寮者は自治活動に参加し、学生だけで運営して基本的に寮内のことは自分たちで解決している。委員会を作って報告し合っていた。半数がアジア系の留学生で、女性の方も住んでいる。

 

 

しばらく大学を散歩したり、寮内を散策。

f:id:kamaboko55:20170513035037j:plain

 

寮の入口。汚いこたつ。

 

f:id:kamaboko55:20170513035056j:plain

 

中庭には大量の鶏。他にも猫やヤギ、エミューなど色んな動物がいた。驚き。

 

f:id:kamaboko55:20170513035032j:plain

 

謎の仮面・・・。

   

f:id:kamaboko55:20170513040025j:plain

 

様々なゲームや漫画等が置いてある部屋。ここのFC版テトリス2が激難。

 

f:id:kamaboko55:20170513035046j:plain

 

吉田寮の食堂スペース。作業場に使ったり、イベントやライブなどで使用するそう。

 

.

.

.  

夕方散歩から帰ってきたら、優雅なピアノの音が響き渡っていた。玄関に置いてあるグランドピアノを好きな時に弾いていいらしい。

 

 

吉田寮は色んな人が住んでいて様々なとこからくる人たちも多いらしく、過干渉することのないゆるい雰囲気であった。条件はあるそうだが、寄宿料・光熱費・自治会費含め月2500円で住めると聞いて仰天した。

 

マイペースな人ばかりで、何留もして長年住んでいる人や、休学してずっと吉田寮にいる人、謎の思想を延々と語っている人などよく分からない人ばかりだったが、人間軸を持っているように感じる。カルチャーショックを受け、いい経験になったと思う。

 

深夜まで京大の人たちと色んなことを話したりしてとても楽しかった。日本酒をいただいたり、よくわからない料理を一緒につまんだり。。

 

 

宿泊する人のために情報をまとめておくと

 

  • 学内に大学食堂があるので、朝と昼はここで食事が取れる。夜も周りに居酒屋やコンビニがあるので食事の心配はない。
  • 大部屋で雑魚寝なので気になる人は向いてないと思う。ベッドはなく汚れた敷き布団、枕、掛け布団しかない。気になる人は枕に巻くタオルでも用意しておくといい。
  • シャワーは新棟の方で借りられる。ドライヤーなし。一応近くにも銭湯はある。
  • 当日でも泊まれる?かもしれないが事前に連絡はした方がいい。寮生の方には迷惑をかけないようくれぐれも気をつけること。

 

学生が自分たちで作っている入寮募集のパンフレットはとても面白く、誰でも貰えるそうなのでそれだけでも来た価値があった。

 

吉田寮は老朽化による耐震上の問題で転居・募集停止を求められたりしていて、補修するかどうかで大学側と論争中だそうだ。建築物としても歴史的な価値があるものなので、良い形で残ればいいなとは思う。2017年執筆現在も募集は通常通り行われている。
  

安旅行を計画している人、入寮を考えている受験生などは一度訪れて見るのもいいかもしれない。行ってみないと分からない魅力があるだろう。

 

〜から学ぶ

2日で取れる!漢検2級の受かり方と勉強法

   

以前、漢検2級をCBT(PC受験)で受けました。

 

f:id:kamaboko55:20171128214328j:plain

 

趣味程度のつもりの取得だったのでまったく準備をしておらず、前日に慌てての勉強。
 
トータルで数時間しか勉強してないですが合格しました。勉強時間なんて集中すれば8時間前後です。そこから踏まえて、手っ取り早く受かる方法を伝授していきたいと思います。
 

用意するもの

 

  • 受験費用(3500円)
  • テキスト(約1000円)
  • 筆記用具
  • 電子辞書はあると便利
  • 最後までねばる心
 
テキストは特にこだわる必要はないけどおすすめはこれ
 
赤チェックシート付 漢字検定2級[頻出度順]問題集

赤チェックシート付 漢字検定2級[頻出度順]問題集

 

 

他でも多く紹介されてるテキストです。頻出順なのでやれば一気に点数が上がります。やばい。使いやすい。
 
漢検といったら漢字学習ステップという黄色い表紙のかわいい動物が写っている本が有名だけど、あれは五十音順で載っているのですべて勉強することを除けば効率が悪いです。
 
 

漢検2級のシステム

 
まずは前提知識として漢検2級がどういうものか知る必要があります。
 
得点としては200点満点の試験で8割の160点で合格・・・となってますが、実際のところその時々の難易度によって合格点が変わり、155点くらいが平均となるようです(上の画像の試験でも155点)
 
ですので余裕を持って170点くらいを取るのを目安にすればいいでしょう。漢検2級から合格率は一気に下がるので気を引き締めないといけません。
 
 
問題形式として
 
1. 読み (1×30)30点
2. 熟語の構成( 2×10)20点
3. 部首(1×10)20点
4. 四字熟語  <1> 書き取り(2×10)20点 <2> 意味(2×5)10点
5. 対義語・類義語(2×10)20点
6. 同音・同訓異字(2×10)20点
7. 誤字訂正(2×5)10点
8. 漢字と送り仮名(2×5)10点
9. 書き取り(2×25)50点
 
この中から逆算して何点落として大丈夫か考えましょう。別に合格するだけなら満点を取る必要はないです。
 
読みと部首は配点が1点ですが、だからと言って落とす設問ではないので減点しすぎないように。
 
ここでしくると他の設問で負担が出ます。塵積もです。(部首で落としちゃったけどね。てへぺろ)
 
 

まずは過去問を解く

 

 
問題形式の感覚を得るために、まずは過去問を解いてみて何点取れるかを調べる
 
読むことができても書くことができない字が多いことに気づくはず。点が取れなくても大丈夫です。最初は僕も80点くらいだったので。
 
やってみてどれくらい点が取れるか分かるし、くやしくなってモチベーションも上がります。そっから勉強し始めると先が見えやすくなると思います。
 
たぶん四字熟語、対義語・類義語、書き取り、あたりで点を多く落としていると思うのでそこを重点的にやっていきましょう。
 
 

主な勉強法

 
テキストを使い、時間の許す限りまずはゆるく一周を目指して勉強。頻出順のテキストであれば、一周しなくても受かるとは思います。
 
なぜゆるくやるかといえば、いざ進めていくと計画した段階で見えてこないものが出てきてスケジュールに狂いが出てくるからです。2日で受かるとはいえ余裕ぶっこいていると時間が足りなくなるので。
 
合間に定期的に過去問を解いてどこで自分が点を落としているか確認し、そこを重点的に補強するように勉強していくといいです。合格点以上取れれば安心感も出ます。
 
テキストは別に文字を書いたりとかしなくてもいいので、眺めるくらいでちょうどいいでしょう。疲れたらスマホの漢検の問題アプリでピコピコ問題解くだけでも点数は上がりますよ。
 
 

受ける上でのポイント・注意点

 
  • 漢字は分解して覚える。そうすると難しい漢字でもするする頭に入ります。
  • 2級の範囲は常用漢字全てなので下の級も含まれます。4級以上はよくても、3級・準2級は知識が抜けている部分があるので注意した方がいいです。
  • CBTに関しては説明が少なく不親切な所が多いです。読みや、記号選択の問題はキーボードでの入力。それ以外はタブレットでの書き取りです。キーボードで打つ問題はtabキーで次の問題に移れるので覚えておくと楽だと思います。
  • CBTで受験する場合、先の予約が取りづらいこともあるので早めに予約しておくこと。早くて1週間先なはず。
 
というところです。
 
当日のルートと時間と場所はしっかり確認しておくこと。
 
僕みたいに行く電車の途中で携帯の電源が切れてしまい、試験会場が分からなくなるハプニングもあるのでご注意を。
 
 

まとめ

 
2日で受かるとは書きましたが、何事も余裕が大切!面倒でもとりあえず早めに着手しましょう!
  
漢検なんて受けてもクソの役にも立たないとか言われますが、今回勉強して感じたのは文字を書く上で想像力の役にたつということです。
 
現代ではPC入力などで漢字を覚える必要性が減ったけど、文章をPCで書くとき漢字が分かると変換がうまくできます。文章構成にもいい影響があるかもしれないです。
 
こういう資格の勉強法は、普通に勉強するときや他の資格を受けたりする上でも応用できるので役に立つでしょう。
 
こういう時代だからこそ漢字が分かると差がつけられるかも。とってみるのも悪くないです。
 
 
サービス紹介, テクノロジー, マネー

LINE Payがクレジットカードよりも最強である理由

 
会計をするとき、決済するとき、どんなカードを使ってますか?多くの種類があり選ぶのは大変です。
  
そんな中、現時点で誰にでもおすすめできるカードがあります。
 
そう、『LINE Pay
 
理由を説明していきます。

LINE Payとは? 

 
LINEが提供しているサービス。一言でいえばクレジットのように使えるプリペイドカードです。形としてはデビットカードに近いですね。
 
JCBブランドでクレジットと同じように使えて、クレジットカードのように後払いではなく、チャージ式のカードです(後述しますが、チャージは割と簡単)
 
普通のカードみたいに使いすぎることがないので、金銭管理に疎い人にも向いてます。
 
以前はアプリの画面から決済する方法しかありませんでしたが、カードタイプになってから便利になりました。
 
 

ここがすごい!LINE Payのメリット

 
第一に2.0%の高還元率!100円で2ポイント溜まります。通常のクレジットカードで1.0%、高い還元率のREXカードなどでも1.5%なのでクレジットカードでは考えられないですね。そう考えると破格のカードと言える。
 
クレジットのように信用で作るものではないので審査落ちなどもなく、若い人でも誰でも作れて年会費も無料。コンビニにも置いてあり1000円からチャージして使えて、ネット申し込みの場合でも1週間程度で届きます。 
 
 
たまったポイントは残高Amazonギフト券、nanacoポイント、Pontaポイント、メトロポイント、JALマイルなどに交換できるのです。残高以外だと一部手数料がかかるそうですが、残高交換なら一定以上であれば100%の交換率!
 
LINEのサービスなどにもポイントは使えます(スタンプとか)。裏技としてメトロポイントからソラチカカードを使ったソラチカルートという方法もあります。普通のクレジットだと、支払いにポイントを回すとかはできないので残高にポイントが回せるから無駄がない。
 
 

LINE Payの使い方 

  
普通に店頭のレジでクレジットカードのように使えるのはもちろん、ネット通販の決済でも使えます。
 
チャージの仕方としては、コンビニの店頭や銀行口座からチャージする方法や、銀行口座との連携でオートチャージもできるので残高を気にする必要はないです。
 
そして、オリジナルの無料機能として、LINE Payを使っている人同士での割り勘、送金機能があります。飲み会などでのわずらわしい割り勘もこの機能を使えば一発で解決!「LinePayで送っといてー」みたいな感じで送金依頼して、後からお金を友達に払ってもらう方法もできます。
 
銀行だと手数料がかかるから無料でやりとりできるのは画期的。ちょっとした金のやりとりにも使えるから便利便利。
 

あえてデメリットを挙げるなら

 

  • プリペイドカードなのでクレジットのように支払いを1ヶ月遅らせることができない。デメリットではあるが、使いすぎることのない利点でもある。
  • ほーんのたまーに決済に対応していないとこがある(差し込み式のタイプとか)。通販も大手なら問題ないですが時々使えないこともあるそうです。今までに使えなかったことはないけど。
  • JCBブランドしか選べない(VISAにこだわりたい人には向いてない)。ApplepayはJCBしか使えないので相性はいい。
  • クレヒスが作れないこと(サブカードでクレヒスを作れば問題はない)
  • 盗難補償が10万円まで。これはそもそもデカい買い物をするときだけ多い金額を入れておけばいいだけの話。プリペイドなので大量の金額を悪用されることもない。
  • 付帯のサービスとは特になし。クレジットカードではないので分割払いはできない。窓口は電話がなくWebでのやりとり
  • 特に気にはならないが、ポイントの貯まる期間に若干ラグがあり。
  • 決済時のLINEの通知が止められなくてうざい。金額の把握は家計簿のようにわかるけど。
  • ファミマTカードの3.0%の裏技が使えなくなったのは残念!
 
こうして挙げるとデメリットの数は多いような気がするが、上回る享受がある。
 
 

しばらく使って見ての感想 

 
以前は楽天カードを使ってたけど、今は断然LINE Payの方が使いやすいです。クレジットと違って入金額の上限もないに等しいから、現金と同じように使えます。
 
デザインはブラックを選びました。動物のはちょっとポップすぎるような気がして。
 
それと使って気づいたけど、クレジットカード登録という機能はネット決済時の情報経路を簡単にするもので特に登録してもしなくても変わんないみたい。
 
子供への小遣いとして一定額入れるとかそういう使い方できそうだね。
 
皆さんもぜひLINE Pay使ってみませんか?
 
  
ブログ運営

免責・ポリシー

免責事項

 

当サイトの記事、及び当サイトのコンテンツは無断転載を固く禁じております。引用する際は当サイトへのリンクを記載し転載であることを明記してください。

当サイトが提供している記事の内容、及びリンク先からいかなる損失や損害などの被害が発生しても、当サイトでは責任を負いかねます。

 

Amazonアソシエイト・プログラム

 

本ブログと管理者かまぼこは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

 

Google Analystic

 

 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Google Analystic」を利用しています。
このGoogle Analysticはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらクリックしてください。

 

当ブログへのコメント 

 

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。

コメントは管理人の裁量によって削除する事があります。

  • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
  • 極度にわいせつな内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

コメントは承認制です。仲良くしましょうね。

 

その他

 

誤植、リンク切れ、意見等ありましたら、ご連絡いただけると嬉しいです。

何かあれば、問い合わせフォーム、kamabokolog☆gmail.com、TwitterのDM等に。

よろしくお願いします。